2014'07.02 (Wed)

良く頑張った・・・その②

7月2日
広島ブログ


 昨日の続きですが・・・

息子に良い終わり方をして欲しかった、最後にユニホームを着て

試合をする息子を観たかった・・・と思ったのですが、それは親としての願望であり

独りよがりの想いだったのかも知れません。良い終わり方をして貰いたかった・・

 良く考えれば、部員100人居る中でユニホーム着てベンチに入れるのは20人。

狭き門なのです。ポジションで言えば、もっと狭き門。

 3年間で一度も、ユニホームを着る事無く、試合にも出れない選手は沢山いるのです。

そう思うと、自分の息子は一年生の秋から試合に出させて貰った事もあるので、

贅沢な悩みだったのかも知れません。

 ベンチに入れなかったら、チームの一員では無い!それは違いますよね。

全部員一人一人が、何かの役割を果たして、チームが成り立っている。

 
 メンバーの選手は、サポートに回った選手の分まで精一杯頑張ってほしい。

メンバー外の選手も、メンバーの選手がより良いプレーが出来るように全力で

サポートして欲しい。

 野球部全員で戦って、この夏をチームで盛り上げて欲しい。



息子も含め、選手全員が主役なのだから・・・


Hanshin_Koshien_Stadium_2007-23.jpg



  

 でも、最後にもう一度見たかったなぁ~←未練タラタラwww

可能性が無いわけでは無い、優勝して甲子園が決まればまた選考のチャンスが

巡って来るかも。ただ、甲子園はベンチ入りは18名になります・・・


おわり。
ランキングに参加中。
広島ブログ


スポンサーサイト
18:14  |  カープ・高校野球  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2014年07月02日(水) 19:30 |  | コメント編集

No title

どんなに、弱いチームでも、甲子園をめざさないチームは、無いですからね。
我が子がグランドに立っている姿を見たい、それが親心。
伝統校で、1年生から出場されてたなら、余計に残念な気持ちも大きいことでしょう。
ケガさえしなければ、って、なかなか切り替えられませんね。
地方大会で、勝ち進んでくれると、嬉しい反面、あのなかになぜ我が子はいないんだ?って、思ってしまうかも。
親心とは、理屈ではないですもん。
今朝の朝刊に、いよいよ地方大会のトーナメント表が入ってました。
それを見ると、いまだに鼻がつん,とした気持ちになります。



itatchi | 2014年07月02日(水) 23:52 | URL | コメント編集

No title

itatchiさんへ

 >親心とは、理屈ではないですもん。

ホント、高校球児の親心がお分かりになる、itatchiさんからコメントを読ませて
頂いて、心が穏やかになりました。ありがとうございます!<(_ _)>

 実はここでは、書けない事や、理不尽な事も多々あるんですよね・・
高校野球って・・ この悔しさをバネに息子には、新たなステージで頑張って欲しいです!
テツヤ丸 | 2014年07月03日(木) 07:09 | URL | コメント編集

親の方がミレンタラタラよね

気持ちは良く分かります。

娘も高2の夏、県大会の(吹奏楽コンクール)1月前に入院しました。
かわいそうで、かわいそうで、ドンだけ私は泣いたことか。
しかし、娘はさっと泣いて、あとは裏方として立派に働いていました。
一人ユニフォームじゃなく制服で走り回る娘を見て、バカ親はまた泣きました。
⑦パパ | 2014年07月03日(木) 07:24 | URL | コメント編集

No title

前記時とこの記事と・・・
どんなお言葉をかければよいかと
思いましたが・・・

さすが持つべきはよき先輩ママさんですね~
野球のことはよくわからん私ですが
みなさんの経験が、何よりのアドバイスだと・・・

当の本人の切り替える姿に
親が背中を押してもらうなんてことも
あるんですね~

息子さんからみれば、親も一緒に苦しんでくれたことが
何よりの立ち直る勇気となったと思いますよ
くりちゃん | 2014年07月03日(木) 09:47 | URL | コメント編集

No title

⑦パパさんへ

 ホントまだまだ、未練タラタラですw

息子は何か吹っ切れたみたいで、気持ちも切り替わったように
見えますが、内心は悔しいハズですね。
 応援する姿をみると、また思い出すかも知れません。

子離れしろ!と言うお告げですかね?w
テツヤ丸 | 2014年07月03日(木) 12:27 | URL | コメント編集

No title

くりちゃんへ

 >息子さんからみれば、親も一緒に苦しんでくれたことが
何よりの立ち直る勇気となったと思いますよ。

 ホント身に余るお言葉!感謝です。ありがとうございます。

小さい時から今まで、ずっと付あって来ましたからね。
 野球やそれ以外のスポーツ、クラブで子供の成長を観る事が出来たから
こそ、親も頑張れた気がします。
 
テツヤ丸 | 2014年07月03日(木) 12:30 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2014年07月03日(木) 19:23 |  | コメント編集

No title

息子さんの無念もテツヤ丸さんの無念も痛いくらい分かります!!

しかしまぁ、部員全員が主役ですから、出場選手を支えてサポートする事にも大きな意義があると思います!!

それとスタンドで応援する吹奏楽部もサポーターですね~♪野球応援が懐かしいです!
銀蔵 | 2014年07月04日(金) 18:39 | URL | コメント編集

No title

銀蔵さんへ

 コメント有難う御座います!
呑んで忘れてしまいたいです・・・。もうちょっとの我慢?w

 高校野球が全てではないですが、気持ちの切り替えがしばらく
かかりそうですね・・

 そうそう、銀子ちゃんの母校がこの時期になると、応援ソングを演奏
していて、近くを通ると聞き入ってしまった事が過去にありましたよ!
 
 | 2014年07月04日(金) 20:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |