2013'07.13 (Sat)

夏の甲子園! 広島大会開幕!

7月13日
広島ブログ



昨日は、第95回全国高校野球選手権 広島大会の開会式

&試合の応援へマツダスタジアムへ

 私達2年生の保護者が、中心となって運営をして行くため

朝早くから、準備や物資の運搬で忙しい1日となりましたよ!

しかも、試合が開会式直後 強豪S徳高校とあるため応援部や

吹奏楽部のお手伝いもあり、慌ただしかったですが、保護者が力を合わせて

無事に準備が出来ました!
130712_114831.jpg

3年生にとって最後の大会、高校球児にとって夏の大会は特別

この日の為に、毎日厳しい練習に耐えて甲子園を目標に選手は頑張って

来たと思います。

試合は、初回に先制されましたが、中盤に逆転して盛り上がりましたが、

終盤に追いつかれ同点・・・

延長13回裏に、サヨナラヒットを打たれ、惜しくも初戦敗退となって

しまいました。

130712_143001.jpg
チャンスは何度かありましたが、あと1本が出ず・・・

敗れはしましたが、選手、保護者、応援が一体となり

一つになれたこの試合、感動しましたよ!

3年生の悔しさは、後輩達がきっと晴らしてくれると思います。


3年生の選手、お疲れ様でした!感動をありがとう!

うちの息子もあと1年・・・一日一日を大事に
最後に悔いが残らないよう、やりきって欲しい。

がんばれ、息子!


いつもポチっと応援ありがとうございます!
広島ブログ

スポンサーサイト
07:33  |  カープ・高校野球  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

1回戦で

こう云う組み合わせはいけんよう。
ファンの方も楽しみが減るじゃん。
もっとシード校を増やすべきです。
いやほんま
⑦パパ | 2013年07月13日(土) 10:47 | URL | コメント編集

No title

お疲れ様でした。
1回戦の初戦での対戦はもったいなかったですね。
ニュースで見ましたがものすごい大熱戦でしたね。
13回裏のあの一打もホームで刺せるかもと思ったのですが・・・。
私の中での広商は,江川を春に打ち崩し夏に優勝したチーム,(福岡第一相手でしたか?)決勝で1-0の接戦を制したチームなどしぶといチームですが,昨日のチームはその再来を予感させました。
来年のチーム,そして息子さんのご活躍をお祈りしています。
もみじ日記 | 2013年07月13日(土) 10:57 | URL | コメント編集

No title

⑦パパ さんへ

 1回戦でいきなりでしたからね~・・(>_<)
確かに、シード校に入れなかったからこう言う組み合わせに当たる可能性が・・・しかしいきなりはきびしかったですね。93高も他にありながら秋の優勝校と当たるのは、なにかヤラセの感もあったりw
テツヤ丸 | 2013年07月13日(土) 12:25 | URL | コメント編集

No title

もみじ日記 さんへ

1988年に全国制覇したのは、記憶にあります!
私が高校1年の夏でした!
 ワンチャンスをものにして、福岡第一に1-0で勝ち優勝しましたよね。
 超スラッガーが居なくても、負けない野球が広商の伝統だと思うのですが、今は私立の学校が他県から選手をかき集め強いのが現状・・・公立高校ではなかなか選手が集まらないですが、昨年のKENKOは公立だったので、広島に限ってはそうではないのかな?
 新チームで息子が活躍してくれれば、うれしいのですが(^^ゞ
テツヤ丸 | 2013年07月13日(土) 12:30 | URL | コメント編集

高校野球掲示板に広商の期待選手に息子さんの名前がありました(⌒▽⌒)
私も期待してます!
選抜の予選は見に行きます(⌒▽⌒)
広商ファン | 2013年07月24日(水) 19:34 | URL | コメント編集

No title

広商ファン さんへ

 夏権は良い戦いでしたが、残念でした~
息子も夏権メンバーには入れませんでしたが、その悔しさをバネに新チームで頑張ってくれると思います。
 期待選手に息子ですか?w
人違いではないでしょうか??下手クソですから
チームに迷惑を掛けないように、してもらえれば(笑)

 これからも、応援よろしくです(^^♪
テツヤ丸 | 2013年07月25日(木) 12:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tetsuya4.blog.fc2.com/tb.php/430-c3c6ba63

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |