2013'03.11 (Mon)

メバルの南蛮漬け。

3月11日



 先日、釣れた小さめのメバル。

みそ汁の出汁以外に、何か美味しい食べ方は無いか

と・・・

メバルの南蛮漬けがおいしそうなので作ってみた。

 オタフクの南蛮漬けの酢を使用!いい仕事しまっせ~これ!
y4970077103934.jpg
メバルをシゴウして、油で揚げて、玉ねぎと一緒に

漬けるだけ~^^ 超かんたん!
IMGP1454.jpg
 一晩寝かして、昨日食べました^^

骨も柔らかくなり、全部食べれる位です。

旬の魚をおいしく頂く!釣り師の特権ですね。

 小さいメバルもスーパーでは3匹で500円弱!高級魚じゃん!

ホント、メバルはおいしい。

しかも、南蛮漬けの酢は体に良いし、玉ねぎも血液サラサラ効果

あるし、カルシウムも採れて健康にも良い。おまけに美味いし 言う事なし!!

です。 お薦めですよ!メバルの南蛮漬け。

ポチっと応援よろしく↓励みになります♪
広島ブログ


 
追伸。
今日3月11日 東日本大震災からちょうど2年。
2年前テレビの生中継で見た、あの恐ろしい津波の映像、・・・
忘れようにも忘れられません。
 思うように進んでない復興、依然として被災地では不自由を
余儀なくされて居る方々に、早く元の生活が出来るようお祈り
致します。
 
 
 

スポンサーサイト
17:45  |  魚料理  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

釣り人の特権ですね、旬の旨い魚を食べれるのは・・・・そりゃ腹も出ますよね。
震災から2ねんが経ちました。
風化させない為にも、日頃の準備や微力ながら募金などもして行きましょう。
角刈り野郎 | 2013年03月11日(月) 19:37 | URL | コメント編集

No title

こんばんは~^^
いつも楽しみに拝見させて頂いてます。
うちの父の趣味は魚釣りでして、私も小さな頃から新鮮な魚を一杯食べてましたァ。
(今は高齢で行けなくなったのを残念がってますけどネ)
テツヤ丸さんのご家族がうらやましぃ~。

メバルも南蛮漬けも大好物です!
是非、チャレンジしてみますね~♪

littlemama | 2013年03月11日(月) 19:44 | URL | コメント編集

No title

角刈り野郎 さんへ

 同じ魚でも料理の仕方で、いろいろ楽しめます。
釣り人の特権、帰ってからの食べる楽しみを満喫
してますよ! 確かに腹も出ますよ(笑
テツヤ丸 | 2013年03月12日(火) 08:35 | URL | コメント編集

No title

littlemama さんへ

 有難うございます^^ 私みたいな奴の駄目ブログを
拝見下さり申し訳ないです~(^^ゞ
 お父様も魚釣りされてたんですか~!自分も釣りを始めたのは親父の影響で、今でもほとんど一緒に釣行してます。 新鮮な魚を食べれるのは本当に贅沢な事ですよね~! 小アジの南蛮漬けはよくするのですが
メバルも美味しいですよ! また違う料理の仕方がありましたら、今度教えて下さいね~!
テツヤ丸 | 2013年03月12日(火) 08:40 | URL | コメント編集

MVPにさせてもらいましたo(^_-)O

先週はお題に参加してくださってありがとうございました。
私の独断でテツヤ丸さんにMVPを贈ります。
いくつになっても親であり子であり
その関係は変わらないけど
つい手も口も出したくなってしまうんですよね。
え?テツヤ丸さんは違う??(笑)
来月のお題とテーマ、よろしくお願いします(^_−)−☆

昨日スーパーで小ぶりのメバルが3匹798円だったから
諦めました
メバルの南蛮漬けもいいですね♪
プッチママ | 2013年03月12日(火) 09:14 | URL | コメント編集

No title

プッチママ さんへ

 MVPに選んで頂きましてありがとうございます(^^ゞ
私なんかがこの様な賞?を頂いて良いのでしょうか?
 子供は親離れして行っている最中ですが、自分は永遠と子離れ出来そうにない、むしろ子供に悪影響を及ぼしているような親バカですが(笑
 これを機に親として成長出来るように頑張って行きますね。
 来月のお題を考えさせて頂きます。ありがとうございました~^^
テツヤ丸 | 2013年03月12日(火) 12:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tetsuya4.blog.fc2.com/tb.php/310-1ff832b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |