2015'10.12 (Mon)

同じお題で書きましょう 2015 10月

10月12日




 ⑦パパさんプロデュース。同じお題で書きましょう!

今月のお題

「私の選んだこの1冊」と「酒」 です。


今日は、私の選んだこの1冊で!


と、言っても本を全く読まない自分。


でも、今から23年前にこのノンフィクションの1冊に出会いました。


DSC_0014.jpg

一志治夫著 「たった一度のポールポジション」


1983年、富士スピードウェイで開催された「富士GCレース」で

事故死した広島県出身の「高橋 徹」と言うドライバーの本です。


 この本で、高橋 徹と言うドライバーの存在を知りました。

しかも、広島県西条町出身! 当時は 鈴木亜久里よりも早く

中島 悟、星野一義、松本恵二の存在を脅かす存在。


生きていれば、中島 悟の次にF1へ行っていたであろう・・・


 広島県にそんなドライバーが居たとは知らず、いろいろ調べて

西条の高橋徹選手の実家にまで行ってしまいました。(笑)

 徹選手のお母さん、お兄さんとお話して当時の事や

レースのビデオを見せて貰い、しかもお土産に「写真集」

まで頂いた事があります。

DSC_0015.jpg


DSC_0016.jpg

1983年当時、小学生だったので事故の記憶はありませんが

レースデビュー、おいたち、事故の真相やらを

詳細に書かれたこの作品。

「レーサーと死」 凄い深い感銘を受けた一冊でした。


 命日の10月23日が今年も近づいてます。




おわり。
広島ブログ


スポンサーサイト
17:28  |  同じお題で書きましょう!とか  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

No title

へぇ~高橋選手のこんな本があることを知りませんでした。。

生きていたらセナとのバトルが見られたかもしれませんね!

改めてご冥福をお祈り申し上げます(_)
銀蔵 | 2015年10月12日(月) 17:47 | URL | コメント編集

No title

参加ありがとうございます
へぇ~知らなかった。男のくせにカーレースあまり
知らないんですよ(恥)
⑦パパ | 2015年10月12日(月) 19:21 | URL | コメント編集

No title

銀蔵 さんへ

確かセナと同い年だったかな?ホントバトル見たかったです!
 
 この本の中で徹選手の言葉に「一位しかないんだ、二位以下はみな同じ」
って言葉があるんですが、深い言葉と当時に、当時のF2の戦績はポール
ポジション1回なんですよね。デビューした年ですが・・・
でも、デビュー戦で2位表彰台ですからね!

テツヤ丸 | 2015年10月13日(火) 07:26 | URL | コメント編集

No title

⑦パパさんへ

 確か、県工を中退して単身鈴鹿へ!
5年で日本のトップカテゴリーまでステップアップしたのですが・・・

自分もこの本に出会わなければ、知らなかったかも(>_<)
テツヤ丸 | 2015年10月13日(火) 07:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |